フリーランスで注意したいワークライフバランス

フリーランスで大切なことは、ワークライフバランスをどのように保つのかということです。


働く時間を増やすほどに収入が増える、そのためについ自由となる時間を仕事に注ぎ込むようになりがちです。
特に独立して間もない頃は、クライアントの獲得と信用度を高めるために、休みもなく働く人は多くなります。
これは例えばベンチャー企業で働く場合にもよく見られることですが、フリーランスの場合は少し事情が異なります。
というのは、毎日の仕事をこなす中でいかにインプット、つまりスキル磨きを行うのかが重要となるからです。

けれどもアウトプットとなる仕事ばかりに時間をかけていては、今後の仕事の質を高めるためのインプットの時間が確保できなくなります。

そこで意識して休みを取り、インプットの時間を確保することが必要になります。



それが結果的には品質やスキルの向上につながり、さらなる高単価な仕事の確保に結びつくことになります。



単価の高い仕事を受けることで、同じ報酬を得るために費やす時間は少なくなるので、自由にできる時間を確保することができます。また気分もリフレッシュできることで、仕事の効率も良くなります。



このようにフリーランスは意図的にワークライフバランスを考えて休みを取るようにすることで、自分の仕事を俯瞰して見ることができます。

ただがむしゃらに仕事に取り組むだけでは、なかなか収入を増やすことはできませんが、そこに新たな視点を取り入れることで道が開けるようになります。