フリーランスの仕事は納期を守ることが鉄則

フリーランスの仕事は納期を守ることが非常に重要で、それができなかったら信頼を失うと考えましょう。
納期を守らなかったら、依頼者に迷惑をかけることになります。



依頼者が会社だったら、その会社全体に損害を与える恐れもあります。

フリーランスとして働くときに納期を守れないことは、仕事の基本を疎かにしていることになります。



ただし、フリーランスの場合は一人で働いているので、思わぬ障害が出て納期に間に合わないことがあります。

例えば、自分が急病になったら、どうしても納期まで仕事を終わらせることができません。
このような時に備えて、あらかじめ余裕を持った納期を設定しておくことが必要になります。
それから、やむを得ない事情で間に合わない時は、迅速に依頼者にその旨を伝えておく必要があります。



実際に仕事を始めたら、毎日少しずつそれをしていくことになりますが、できるだけ早く終わらせた方が良いでしょう。


納期ぎりぎりに終わらせるより、それよりも数日早く仕事を完了させたら、良い印象を与えることができます。

納期に遅れることは厳禁ですが、納期より早めに仕事を提出するのを、嫌がるクライアントはいません。
例えば、WEBデザインの仕事を依頼されて、それが早く終われば、そのサイトをすぐに使えるようになるので、依頼者にとっては大きなプラスになります。

ただし、早く終わらせようとして仕事を雑にするのは避ける必要があります。


丁寧で迅速な仕事を心掛けましょう。